太陽光発電の機器はどれくらい保つか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電のシステムは他の電気製品と比べて長い寿命を持っており、動く部分も全く無いので故障も起こりにくいです。ですが機械ですので、いずれは壊れてしまい交換する必要があります。ただ、業務用の太陽光発電は法律で資産価値がなくなる減価償却時期計算されますが、家庭用電源のソーラーシステムはにはそういった考え方では判断しづらいので減価償却のもとになる法定耐用年数と実際に使用した場合の目安とで考えてみます。

法律で見た場合

太陽光発電は自家発電の一種ですので、業務用ですと基本17年となっています。しかし、家庭用ソーラーシステムから売電している場合では事業で行っているわけではないので、この法律は適用されず法律では何年使用しても同じ価値を持つとなります。ただし、マンションやアパートなどで一括して発電していて出力が10kW以上になる場合は業務用とみなされますので法定耐用年数を17年と見て減価償却の計算を行わなくてはなりませんし、マンションを持っているのが個人ではなく法人の場合も業務用とみなされます。余談ですが業務用の耐用年数を基本17年と言ってるのは自動車工場と食品工場の場合は耐用年数がその他と違い、自動車工場は6年、食品工場は10年となっているからです。

実際に使用できる年数

では機械的な寿命はどうかというと、太陽光発電には様々な部品が取り付けられていますがメインの太陽光パネルに使われているシリコンは安定していて劣化しにくい部品ですし、その周りを強化ガラスが覆っていますので頑丈です。モーターやベアリングといった可動部分もありませんので一般的には20年から30年位使用できるように設計されています。これはあくまでも一般的な数値ですので、海岸線沿いで塩害が発生するといった厳しい状況では寿命が短くなります。国内のメーカーでは20年で発電出力が80%を切ったら発電保証を行っていますが、性能的には20年経っても10%程度しか出力が落ちず、メンテナンスが適切であれば40年は可動させられます。
また、発電した電力は直流電源でありのまま使用できませんのでパワーコンディショナーで家庭用電源である交流に変換するのですが、こちらの方は電気が流れて可動する精密機械ですので発電用パネルほど寿命が長くなく耐用年数は10年から15年とされており、多くのメーカーでは10年保証をつけています。

ピックアップ記事

太陽光発電のメンテナンスについて

屋根の上にソーラーパネルさえ設置していれば、あとは故障するまで何もしなくても良いと思っている方は結構いらっしゃいます。どの広告でもソーラーパネルを設置することのメリットは宣伝しますが、それ以外のことに...

太陽光発電の機器はどれくらい保つか

太陽光発電のシステムは他の電気製品と比べて長い寿命を持っており、動く部分も全く無いので故障も起こりにくいです。ですが機械ですので、いずれは壊れてしまい交換する必要があります。ただ、業務用の太陽光発電は...

太陽光発電の余剰電力は売ることが出来る

太陽光発電で発電した電力のうち、使いきれなかった余剰電力は電力会社に売ることが出来ます。また広い庭などをフルに使用して10kW以上発電できるのであれば発電した電力を全部売ることも出来ます。これは住宅用...

理想的な太陽光発電に適した設置場所

理想的な太陽光発電の場所とはどういったものでしょう。一番理想的な条件としては雪があまり積もらない場所で海風などの塩害の心配もなく、日差しを遮るものがなく南向きに30度前後傾斜していて4kW以上のソーラ...