太陽光発電のメンテナンスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根の上にソーラーパネルさえ設置していれば、あとは故障するまで何もしなくても良いと思っている方は結構いらっしゃいます。どの広告でもソーラーパネルを設置することのメリットは宣伝しますが、それ以外のことについてはほとんど説明していません。電気を作る側と使う側の違いはありますが、ソーラーパネルも立派な電気製品なのですから定期的なメンテナンスによって耐用年数を伸ばすことが出来ます。逆に考えるとメンテナンスを怠ると一気に寿命を縮めてしまう恐れがある、それが太陽光発電です。

太陽光発電は定期的なメンテナンスが必要

ソーラーパネルの稼働状況は直接、目で見ることが出来ず、液晶パネルによってどれだけ発電されているかという点以外はわかりません。ですので故障して初めて気がつく方もいらっしゃいます。また、故障以外でもパネルのガラスが汚れていけば当然発電効率は徐々に落ちていきます。屋外の、それも屋根の上にあるものですので常に風雨にさらされていますし、細かい枝が飛んできて小さな傷を作ったり鳥の糞が落ちてくるなど例を上げればキリがありません。ですので定期的にパネルを始めとしたメンテナンスを行って、いつでも最良の発電効率を保てる状態にする必要があります。それに、定期メンテナンスで細かな修理点が見つかれば後で故障が広がって大きな修繕になり沢山の費用がかかるのも防げます。更にソーラーパネル自体が正常であっても他の機器や機器同士を繋ぐ配線に異常が発生する場合もありますので、やはり定期的なメンテナンスは必要になります。

発電のメンテナンスは専門の業者に依頼

メンテナンスが重要なことはわかりましたが、どのようにメンテナンスするかも重要です。電気配線や機器などは素人が見てもわかりませんし、肝心のソーラーパネルは屋根の上です。ちょっとお掃除しようとはしごで登るのも大変ですし、うっかりバランスを崩そうものなら転落の危険やソーラーパネルにぶつかって破壊なんてことにもなりかねません。ですのでしっかりしたメーカーに定期メンテナンスをお願いすることをお薦めします。
メンテナンスの業者は設置してくれた業者にお願いする方法もありますが、メンテナンスのみを行っている業者もたくさんありますので一括見積を行うサイトで調べるのも一つの方法です。その場合は価格も重要ですが、今までの実績数や営業年数、施工保険に加入しているかどうかを見て決めたほうがしっかりとメンテナンスしてくれる業者に出会える確率は高いです。

ピックアップ記事

太陽光発電のメンテナンスについて

屋根の上にソーラーパネルさえ設置していれば、あとは故障するまで何もしなくても良いと思っている方は結構いらっしゃいます。どの広告でもソーラーパネルを設置することのメリットは宣伝しますが、それ以外のことに...

太陽光発電の機器はどれくらい保つか

太陽光発電のシステムは他の電気製品と比べて長い寿命を持っており、動く部分も全く無いので故障も起こりにくいです。ですが機械ですので、いずれは壊れてしまい交換する必要があります。ただ、業務用の太陽光発電は...

太陽光発電の余剰電力は売ることが出来る

太陽光発電で発電した電力のうち、使いきれなかった余剰電力は電力会社に売ることが出来ます。また広い庭などをフルに使用して10kW以上発電できるのであれば発電した電力を全部売ることも出来ます。これは住宅用...

理想的な太陽光発電に適した設置場所

理想的な太陽光発電の場所とはどういったものでしょう。一番理想的な条件としては雪があまり積もらない場所で海風などの塩害の心配もなく、日差しを遮るものがなく南向きに30度前後傾斜していて4kW以上のソーラ...