経営者と有価証券

経営上知りえる秘密情報


トップ » 経営上知りえる秘密情報
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

経営側が漏らすインサイダー

インサイダー取引は不公平であるため禁止されています。経営者側はそれを知っているとしても漏えいしてはいけません。裏で株価が上がるのをわかっているうえで安く購入することができれば儲けることができるので誰でもやりたくなるに違いありません。お金を増やすことを目的で株で資産運用する人が多い中で、確実に儲けを出すことができる人がいるのは卑怯ですよね。自分の会社の事なので家族であれば経営に関わらないからいいかと言うとそうでもありません。家族が購入したとしてもインサイダー取引で捕まるので決して行ってはいけないのです。

インサイダー取引していませんか

有価証券を保有する経営者も少なくありません。会社運営に携わっていますと、上場企業に限らず様々な情報が色々な各方面から入ってくる事があります。そもそもインサイダー取引とは、会社の内部情報に接する機会がある会社員や会社役員が、その特別な立場を利用し、その会社の特別な情報を知り、その情報が公表される前の段階で有価証券を売買し利益を得る事とあります。明らかに一般投資家と不公平が生じ、証券市場の公正性、健全性が損なわれる為規制されています。特別な情報と知ったからといって、株を売買しますとインサイダー取引に引っかかる可能性もありますので、経営上、そういった情報を知りえる立場の方は注意が必要と言えます。