経営上必要不可欠な人

今後会社運営に必要なのは


トップ » 今後会社運営に必要なのは
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

会社経営の社会関係を考える

経営を行っていく上で、企業の社会貢献CSRが叫ばれています。ニュースを賑わす会社の不祥事など昭和時代の名残からの脱却を求められています。持ち合い株の解消が進み、自己責任の時代我々は自らその社会貢献度を発信し続けなけばなりません。ステークホルダーを常に意識しなければなりませんから経営者も大変です。一般の消費者はイメージで会社を見ています。黒いイメージよりも、綺麗なイメージのほうが会社の業績は伸びます。ここで指摘したいのは、ただ儲ければいい給料が上がればいい株が上がればいいという短絡的な捉え方では長期的視点で通用しなくなってくるでしょう。

ステークホルダーとは

会社の経営にとって、欠くことができないものがステークホルダーです。ステークホルダーとは、日本語に直すと利害関係者と訳されます。利害関係者には、会社に関わるすべての人が含まれるとされています。例えば、顧客や従業員といった、直接的に会社運営に大きな影響を与えている人だけではなく、株主、仕入れ先業者、地域社会、地域の人々、行政機関といった直接的にかかわることが少ない人も含まれることになります。特に近年では、企業に重要な役割を果たすものと位置付けられており、彼らの役割が経営上、必要不可欠なメンバーであると認識されるようになってきています。